『     日    常    生    活     』    を    対    象     に    し    た    情    報     の    ペ    ー     ジ

平成14年  5月23日作成

1.  『多重債務で困った時の相談先』     

A.弁    護    士     会

(有料相談です)

1.全国の弁護士会の相談窓口の問合わせ先
     日本弁護士会連合会    電話   03−3580−9841
2.弁護士会四谷法律相談センター    電話   03−5214−5152

3.弁護士会神田法律相談センター    電話   03−5289−8850

4.利点 = 弁護士に債務整理を依頼 ⇒ 業者宛に介入通知発送 ⇒ 督促・取立ての停止
B.(財)法律扶助協会

(無料相談です)

1.全国の法律扶助協会の相談窓口の問合わせ先
   (財)法律扶助協会本部    電話   03−3581−6941
2.利点 = 経済的余裕の無い多重債務者に対し弁護士費用の立替えを実施
C.簡易・地方裁判所

(無料です)

1.簡易裁判所 = 「調停申立て」に関する助言

2.地方裁判所 = 「個人再生手続申立て」「自己破産申立て」に関する助言

D.被  害  者  の  会

(無料相談です)

1.全国の被害者の会の問合わせ先
     全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会事務局     電話  03−3774−1717
2.全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会 = 1982年に結成された被害者団体
3.加盟する「被害者の会」は、30都府県65団体

4.多重債務者本人による「調停・個人再生手続・自己破産」申立ての助言と支援

5.多重債務者の「生活立て直し」への助言
E.出                   典    「  消  費  者  金  融   」 − 実 態 と 救 済 −
    弁 護 士    宇  都  宮         健      児       著            岩    波     書    店      発     行
平成15年  3月31日作成 2.  『消費者金融に関する相談先と苦情申立て先』    
A.業 界 任 意 団 体

(無料相談です)

1.J C F A     日本消費者金融協会   

    電話  03−5205−1800    http://www.jcfa-1969.gr.jp/

2.1969年創立の全国主要消費者金融会社、約100社を会員とする業界任意団体です。

3.業務内容

    @.消費者金融・ローン・クレジットの返済相談   (法律相談は、除く)

    A.家計の収入と支出のバランスを保つ為のアドバイスや根本的な改善策

    B.専門のカウンセラーによる金銭管理の手伝い

    C.救済更正制度

B.公   益   法    人

(無料です)

1.社団法人     全国貸金業協会連合会

    電話   03−3452−8171    http://www.zenkinren.or.jp/

2.貸金業者・消費者・行政を結ぶ唯一の公益法人として各都道府県に一つ設置

3.業務内容

    @. 会員の貸金業者に対する法令遵守の為の指導・勧告

    A. 会員の貸金業者に対する利用者等からの苦情の解決

    B. 返済相談の受付

    C. 貸金業者の従業員に対する研修

    D. 会員以外の貸金業者に係る苦情の申し出にがあった場合にも、協会が利用者の立

          場に立って積極的に受け付け、その解決に努める

平成15年 8月19日作成 3.【 ヤミ金融対策法 】 が成立しました。  
A. 改  正   の  趣  旨 1.貸金業登録制度の強化 ⇒悪質業者の安易な貸金業登録の排除
2.相談体制の強化
3.捜査当局等関係機関との一層の連携強化
B.貸金業登録制度の強化 1.申請者等の本人確認の義務化
2.人的要件(例:暴力団員の排除)の強化

3.財産的要件の追加
4.各営業店への主任者の設置の義務付け
5.上記1〜4による厳格な登録審査の実施
C. 罰金の大幅な引上げ 1.高金利違反 ⇒ 5年以下の懲役、1千万円(法人の場合3千万円)以下の罰金
2.無登録営業 ⇒ 5年以下の懲役、1千万円(法人の場合1億円)以下の罰金
D.違法広告勧誘行為規制 1.無登録業者の広告、勧誘行為の罰則の新設 ⇒ 100万円以下の罰金
E.違法取立行為規制強化 1.行なってはならない取立行為の具体例の法定化
     例 @正当理由のない夜間の取立

          A勤務先等居宅以外への電話・訪問
          B第三者への弁済の要求
2.罰則の引上げ ⇒ 2年以下の懲役、3百万円以下の罰金
F.契約無効金利の明示 1.年利109.5%超の利息での貸付契約の無効化、利息支払不要を明示
G.  出                      典     金 融 庁 ホ ー ム ペ ー ジ   ( http://www.fsa.go.jp/ )  より
平成14年 7月13日作成

4.『 準少額訴訟   各地の簡裁に広がる 』  

A.経                 緯

1.少額訴訟 = 30万円以下の金銭請求が簡単な手続でできるのが特徴
    1998年から導入、原則一日の審理で解決する。本人訴訟の提起に寄与。
                                                         
2.30万円を少し超えた学の訴訟にも同様な手続を適用する動きの広まり ⇒ 準少額訴訟

3.東京簡易裁判所で、2000年6月より開始

B.取  扱  い  状  況

(東京簡易裁判所の例)

1.30万円を超える「金銭請求」「建物明け渡し」でも可能
2.上限  =   90万円まで(簡易裁判所の取扱い範囲)  
3.「貸付金」取り立て等は扱わない
4.簡易裁判所が通常の訴訟事件の中から扱うものを決定 = 原告に選択権はない
5.準少額訴訟の定着を図る
C.効                   果

 1.大阪・福岡・高松をはじめ全国各地の簡易裁判所でも同様の取り組みが始まっている
 2.本人訴訟への支援体制 ⇒ 「少額裁判サポートセンター」=各都道府県の司法書士会

D.出                   典

     読  売  新   聞    (朝刊)        平成14年  7月13日(金)

平成14年11月28日作成 4.『 本人確認法 』

      正式名称 『金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律』

A. 施       行      日       平成15年   1月  6日
B. 目                 的 1.金融機関等がテロ資金供与やマネー・ローンダリングに利用されることの防止。

2.国際的な犯罪防止への協力。

C. 法  律  の  特   徴 1.本人確認が、金融機関等における法的義務となった。

2.保険会社や証券会社をも含めた幅広い金融取引を取引対象とした。

3.本人確認記録や取引記録の作成・保存義務を定めた。

4.制度の実効性確保の措置を講じた。== 本人確認を怠った場合の罰則

D. 本人確認の厳正化 1.個人の本人特定事項に「生年月日」を追加。

2.本人確認方法を「公的証明書等」に限定。== 面識・社員証などは不可

3.「大口現金取引」の確認基準の引き下げ。== 3千万円   ⇒  2百万円

4.法人及び個人の代理人取引では、「現に取引にあたる個人」の本人確が必要。

5.本人確認記録への記載内容を詳細に規定、保存期間の延長。== 5年 ⇒ 7年

E. 対象金融機関等 1.銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・農協・漁協・郵便局等の預貯金取扱金融機関

2.証券会社・保険会社・貸金業者等

F. 本人確認必要取引例 1.預貯金口座の開設

2.信託取引の開始

3.保険契約の締結

4.有価証券の売買

5.金銭の貸付

6.貸金庫の貸与開始

7.2百万円を超える大口現金取引(小切手・無記名公社債を含む)

8.本人特定事項の真偽に疑いがある顧客との取引

G. 本 人 確 認 方 法 1.『個人』  −−   提示のみで可能な書類 

    T.各種保険証−−−健康保険証等

    U.各種手帳−−−−国民年金手帳、母子健康手帳、身体障害者手帳等

    V.その他の書類−−運転免許証、外国人登録証、旅券等

2.『 個人 』  −− 提示のほかに別途郵送等による確認が必要な書類

    T.戸籍謄本・抄本、住民票、印鑑登録証明書等

    U.官公庁から発行・発給された書類で、氏名・住居・生年月日の記載のあるもの

          例  :   宅地建物取引主任者証等

3.『 法人 』

    T.登記簿謄本・抄本、印鑑登録証明書等

    U.法令に基づき官公庁から送付を受けた許可・認可・承認に関わる書類等

    V.官公庁から発行・発給された書類で名称・本店・主たる事務所所在地の記載があるもの

平成15年  5月   4日作成 5.  『失業世帯を支援する離職者支援資金 貸付のご案内』 
A.   貸    付     対    象

(右の1〜5全てに該当要)

1. 生計中心者の失業によって生計の維持が困難となった世帯であること

2. 生計中心者が就労することが可能で、求職活動等を行なっていること

3. 生計中心者が就労することにより世帯の今後の生活の見通しが明らかなこと

4. 生計中心者が離職の日から2年(特別の場合は3年)を越えていないこと

5. 生計中心者が雇用保険の一般求職者給付を受給していないこと

B.   貸  付  限   度  額  1. 240万円   (月額20万円)

2. 単身世帯    120万円    (月額10万円)

C.   貸    付     内    容 1.貸   付  期  間      12ヶ月以内

2.貸付金の償還       据置期間経過後7年以内で償還

3.利              率       年 3 %   (据置期間中は無利子)

4.連 帯 保 証 人     原則 1 名

※  審査の結果、貸付できない場合があります。

D.   相         談         先 1.居住する市町村の社会福祉協議会

2.社会福祉法人   埼玉県社会福祉協議会          電話    048−824−3370

E.   出                     典        彩  の  国   だ  よ  り         2 0 0 3 年   5 月 号
平成15年  8月16日作成 6.  『埼玉県入間郡三芳町社会福祉協議会 貸付制度 のご案内』 
A. 生活福祉資金貸付制度 1.目             的        @ 世帯の経済的自立の助長促進、 A 生活意欲の助長促進、

                                B 在宅福祉の促進、  C 社会参加の促進、 による安定生活の実現。

2.対    象    者          @ 所得の少ない世帯、 A   障害者世帯、 B 高齢者世帯

3.利             率        年 3 %   (修学資金等一部は無利子)

4.貸 付 の 種 類        @ 更正資金、 A 障害者更正資金、 B 生活資金、 C 福祉資金、

                                D 住宅資金、 E 修学資金、 F 療養・介護資金、 G 災害援護資金

B. 離 職 者 支 援 資 金 1.貸  付  対  象         @   生計中心者の失業によって生計維持が困難となった世帯

                                    ※   失業前において生計者が家計を支えていた実績が必要。

                                    ※   多額の預貯金を保有していないこと。

                                 A   生計中心者が就労することが可能で、休職活動を行なっていること。

                                    ※   健康な状態で新たに仕事に就くための努力をしていること。

                                 B   生計中心者の就労により世帯の今後の生活の見通しが明らかなこと。

                                    ※   生計中心者が就労してもその収入では生計維持ができない場合や、

                                         多額の負債を抱えている場合は貸付対象とはならない。

                                 C   生計中心者が離職の日から2年(下記※参照)を超えていないこと。

                                    ※   就労のための技能習得等を行なっている場合 ⇒ 3年

                                 D   生計中心者が雇用保険の一般求職者給付を受給していないこと。

                                 E   上記@〜Dの全要件への該当が必要

2.貸  付  内  容         T.限    度     額          月額20万円     (単身世帯は10万円)

                                 U.貸   付  期  間        12ヶ月以内

                                 V.貸   付  利  率        年 3 %

                                 W.貸付金の償還         貸付期間終了 6 ヶ月間を据置期間(無利子)

                                                                  据置期間経過後7年以内で償還

                                 X.連 帯 保 証 人        原則として 1 名

C. 長 期 生 活 支 援 資 金

(   リバース ・ モーゲージ  )

1.趣             旨         現住の不動産(土地・建物)を所有している高齢者が、将来もその住居に住み

                                 続けることを希望する場合に、その不動産を担保に生活資金の貸付けを行なう。

2.貸  付  対  象          @   貸付希望の本人に、配偶者または本人もしくは配偶者の親以外の同居人が

                                       いないこと。

                                 A   本人を含む世帯の構成員が原則として65歳以上であること。

                                 B   本人を含む世帯が市町村民税非課税程度の低所得世帯であること。

                                 C   上記@〜Bの全要件への該当が必要

D.三芳社協福祉資金貸付制度   1.目      的              臨時的出費や収入欠除等による生活困難の際に、生活安定と自立を図るための

                                 臨時、緊急時の貸付制度

 2.貸  付  対  象        低所得世帯

 3.貸  付  内  容        T.限 度 額        一世帯 5 万円以内

                                U.貸付利率       無利子

                                V.償還期限       貸付日から 1 年以内

E.  相       談      窓       口       埼  玉  県   入  間  郡  三  芳  町  社  会  福   祉  協  議  会     

      電  話     049−258−0122           FAX     049−258−0180

F.      出                     典     「  み  よ  し  社   協  だ  よ  り  」    平 成 1 5 年 夏 季 号   (  平成15年8月発行  第51号  )

前へ         次へ        トップページへ

『日常生活』を対象にした業務のご案内ですへ