松山・子規堂に建つ
子規と野球の碑

碑文

正岡子規は わが国野球草創期に
選手として活躍、明治二十年代はじ
めて松山の地にこれを伝えた 最も
早くべースボールの技術、規則を訳
述解説し、その妙味を強調してひろく
世に推奨「野球」の名づけ親と称され
る また短歌、俳句、小説など文学
の題材に初めてこれをとり入れた
実に子規はわが球界の先駆者で
あり普及振興の功労者である


打ちはづす球 キャッチャーの手に在りて
ベースを人の行きがてにする
今やかの三つのベースに人満ちて
そぞろに胸の打ち騒ぐかな
(明治三十一年ベースボール九首のうち)

右の写真は大学予備門(旧一高)の選手時代 明治23年(1890)3月撮影