高松・中央公園内に建つ
三原・水原像


刻文

野球王国高松を築いた名将

水原茂・三原脩は終生相対
峙し、数々の名ドラマを演じ、
我国野球史に栄光の足跡を
印刻する。往いて再び帰らぬ
往年の両雄の功績を讃え、
ここ高松球場跡地に銅像を
建立する
水原茂(1909〜1982)

高松市に生まる。旧制高松商業学校時
代全国優勝2回、慶応大学時代優勝
5回。投手・三塁手として学生野球の
黄金時代を築く。プロ野球巨人に入団、
俊敏・強肩の名三塁手として活躍した
天才的スタープレーヤー。巨人・東映・
中日の各球団監督を歴任し、洗練された
誇り高き勇将として名声を博す。
1977年野球殿堂入り
三原脩(1911〜1984)

満濃町に生まる。旧制高松中学時代
遊撃手で甲子園に出場、早稲田大学
に進み遊撃手となり1年からレギュラー
として活躍。プロ野球第1号として契約
巨人に入団。現役引退後再び巨人を
始め西鉄・大洋・近鉄・ヤクルトの各
球団監督を歴任し、作戦統率の妙に
優れた知将として名声を博す。
1983年野球殿堂入り。

監督歴/1950〜1960巨人 1961〜1967東映 1969〜1971中日
通算21年 2,782試合(歴代4位) 1,586勝(4位) 1,123敗 73分
勝率.585 優勝9回 日本シリーズ優勝5回
監督歴/1947〜1949巨人 1951〜1959西鉄1960〜1967大洋
 1968〜1970近鉄1971〜1973ヤクルト
通算26年 3,248試合(歴代1位) 1,687勝(2位) 1,453敗 108分
勝率.537 優勝6回 日本シリーズ優勝4回