日本プロ野球前史


早稲田の渡米
(一高から早慶時代へ)

正岡子規が野球に夢中になっていたことは既に記したが、親友の夏目漱石はあまり野球が好きではなかったようだ。日露戦争(明治37.2〜38.5)の頃の野球人気が『吾輩は猫である』の記載に見える。少し引用してみよう。

 落雲館に群がる敵軍は近日に至って一種のダムダム弾を発明して、十分の休暇、若しくは放課後に至ってさかんに北側の空地に向って放火を浴びせかける。このダムダム弾は通称をボールと称えて、擂粉木(すりこぎ)の大きな奴を以て任意これを的中に発射する仕掛である。・・・・・・
 ある人の説によるとこれはベースボールの練習であって、決して戦闘準備ではないそうだ。吾輩はベースボールの何物たるを解せぬ文盲漢である。然し聞くところによればこれは米国から輸入された遊戯で、今日中学程度以上の学校に行わるる運動のうちで尤も流行するものだそうだ。・・・・・・
 やがて時間が来たと見えて、講話はぱたりとやんだ。他の教室の課業もみな一度に終った。すると今まで室内に密封された八百の同勢は鬨(とき)の声をあげて、建物を飛び出した。その勢と云うものは、一尺程な蜂の巣を敲(たた)き落した如くである。ぶんぶん、わんわん云うて窓から、戸口から、開きから、いやしくも穴の開いている所なら何の容赦もなく我勝ちに飛び出した。

こうして野球に興じる彼らは“吾輩”のご主人である苦沙弥先生の庭にダムダム弾(ボール)を打ち込み、球拾いに来たところを見つかり「貴様等はぬすっとうか」と怒られるのである。この落雲館中学のモデルが郁文館中学であることは大和球士氏が【真説・日本野球史】で明らかにしている。この学校は明治30年に2度一高を破り、32年には後に早稲田で活躍する押川清を擁し三度一高を破るほどの強力チームであった。この年の秋、一高は橋戸信を投手とする青山学院にも連敗し低迷時代に入る。

明治34年、早稲田に大学制が布かれると同時期に都下中学で活躍していた選手達が多く入学し、明治36年には名投手、河野安通志(あつし)が入学、当時強力チームとされていた学習院、獨協、横浜外人アマチュア倶楽部を破り、11月20日、初の早慶の対戦が行われ11対9で慶応が勝利したが中学生でない年長者同士の好試合ということもあり意外の人気を得たのである。慶応はといえば、明治25年ごろまではクラブチームであったが明治26年に体育会が出来、明治31年の学制改革で大学となると強力チームとして知られるようになっていた。この意外な人気は私学2校の対抗が一高の官僚色を嫌う人達に支持されたのも一因であったと思われる。

明治37年6月1日、遂に早稲田は一高に勝利する。翌2日には慶応もまた一高に勝利し、一高最強時代に終止符が打たれた。そして翌々日の4日にはこの両校が戦うということで早慶戦は新聞に予想記事が出るほどの人気となり、見物人を巻き込んで徐々に熱狂の度が烈しくなっていったのである。こうして日本の野球は早慶両校を頂点とする時代へと変わっていった。

早稲田はこの早慶戦に勝利すると、部長の安部磯雄の尽力もあり、明治38年に日本チームとして初の渡米をする。この渡米は日露戦争の最中に行われ、アメリカでは時ならぬ日本ブームが起きていた。試合を見ていたアメリカ人は早稲田がランナーを出すと『モスコーまで行け!』『セントピータスブルグへ進め!』ファインプレーをすると『東郷!』と歓声をあげたという。4月29日から試合を始め、6月13日にアメリカを離れるまで26戦行い7勝19敗の成績であったが、彼等は多くの最新野球技術を日本に持ち帰った。グラブ、スパイクの最新用具、ピッチャーのワインドアップ、チェンジアップ、走者のスライディング、練習方法。そして何より彼等はチームと球場が一体となったフランチャイズという考え方に触れてきたのである。

この時に早稲田が持ちかえったもう一つのもの、それが在留日本人からの記念カップである。早稲田は慶応に対し、これをアメリカの大学に倣って3回戦の対抗戦で争奪するという提案をし、ここに早慶定期戦が行われる事となった。この秋に行われた早慶3回戦の勝敗は次の通り。10月28日・早0-5慶、11月9日・早1-0慶、11月11日・早3-2慶で早稲田2勝1敗。

以下は渡米チームメンバーと
戦績である。なお、河野安通志は全試合を一人で投げぬき『アイアン・コーノ』と呼ばれたとする説があるが、投手は他に細川絢彦がいて、橋戸信、獅子内謹一郎も投手経験があり【日本野球史】にいう、交互に投げるはずが通用しなかった為、河野が連日のように登板を余儀なくされたとするのが妥当であろう。つまり全試合完投というのは伝説であると思われる。【日本野球史】にはレニアクラブ戦で橋戸が投手をして2−1で勝ったという記載がある。

渡米メンバー


ポジション 氏名 出身校
部長 安部 磯雄
主将・遊撃 橋戸 信 青山学院
二塁 押川 清 郁文館中学
左翼 鈴木 豊 水戸中学
一塁 泉谷 祐勝 神戸中学
投手 河野 安通志 横浜商業・明治学院
一塁 森本 繁雄 郁文館中学
右翼 獅子内 謹一郎 盛岡中学
三塁 陶山 素一
捕手 山脇 正治
中堅 小原 益遠 盛岡中学
三塁 立原 秀輔
投手 細川 絢彦


早稲田渡米中の戦績


試合日 勝敗 スコア 対戦チーム 試合日 勝敗 スコア 対戦チーム
4/29 1−9 スタンフォード大学 5/22 4−6 セントヴィント大学
5/2 1−3 スタンフォード大学 5/23 4-12 ポモナ大学
5/3 8-11 海軍兵学校 5/24 13-6 南加大学
5/4 5−3 エンシナクラブ 5/27 5−6 ベーカスフィルド中学
5/5 8−2 ファカルチークラブ 5/28 2−5 ベーカスフィルド中学
5/9 0-16 セントメリーカレッジ 5/30 3-10 フレスノステートリーグ
5/13 5−7 ブレシデオ陸軍兵学校 5/31 0-13 フレスノステートリーグ
5/14 3-14 バレオセミプロ 6/6 0−3 オレゴン大学
5/15 3−5 カリフォルニア大学 6/7 2−3 モルトノマクラブ
5/17 5−3 ロスアンゼルス高等学校 6/9 2−9 ワシントン大学
5/18 5−6 オクシデンタル大学 6/10 0−4 ワシントン大学
5/20 12-7 シャーマンインディアン 6/11 2−1 レニアチーム
5/21 4−5 サンタモニカ 6/12 2−0 ホイットウォース大学


西暦 年号 野球史 社会史
1898 明治31
1899 明治32 押川清の郁文館中学、橋戸信の青山学院、
共に一高に勝利する
1900 明治33 治安警察法公布
1901 明治34 早稲田、専門学校(大学)となり野球部発足
1902 明治35 日英同盟締結
1903 明治36 11.20初の早慶戦、11-9で慶応勝利 国定教科書制度
9.大阪市電開業
1904 明治37 6.1早稲田、6.2慶応相次いで一高に勝利する
6.4早慶再び戦い早稲田が13-7で勝利
10.30早慶戦、12-8で早稲田勝利
この年の2月から翌年5月まで日露戦争
1905 明治38 3.27早大渡米壮行早慶戦、1-0で慶応勝利
4〜6.早稲田の渡米
この秋より早慶3回戦の申し合わせ
10.28早0-5慶、11.9早1-0慶、11.11早3-2慶
4.阪神電気鉄道開業
5.日本海海戦
9.5ポーツマス条約