日本プロ野球前史


プロへの胎動
(害毒論その後)

明治後半の野球熱を加速させたものは新しい『情報』と『交通』、すなわち新聞と鉄道の発達である。これにより広域に遠征することが可能になり、また遠方の情報が入手できるようになった。それが更なる興味を引き、野球人気を加速させていったのである。更に本格的運動雑誌『運動界』を河野安通志が興し、横井春野が『野球界』を軌道に乗せていった。

『野球害毒論』はその新しい『情報』である新聞から発せられた。ややヒステリックな偏見に満ちているが指摘された事実は当時多くの野球選手に当てはまっていた。しかしながらその問題はすべて『野球』というゲーム自体から発しているという論調は『野球』そのものの否定につながる。野球界で危機感を持つ人々は、その指摘するところの問題点を解決することが『野球』の発展に必要だと考えた。早稲田野球部の生みの親、後に学生野球の父と呼ばれる安部磯雄。その教え子達の河野安通志、押川清、橋戸信、飛田忠順などである。

一方の新聞の方でも自己矛盾に直面する。明治の末期から各地で旧制高校などの主催による中等学校野球大会が盛んになっていた。三高が主催した近畿地方、四高の北陸地方、五高の九州、六高の中国、あるいは愛知一中の呼びかけによる東海5県連合大会などである。大正4年には豊中球場を所有する箕面有馬電気軌道(後の阪急電鉄)が各地の優勝校を招いて全国中等学校優勝野球大会を行うという企画を大阪朝日新聞(大朝)に持ちかける。大朝はこの話に乗った。しかし問題が一つあった。わずか4年前に自ら(といっても東朝だが)『野球とその害毒』の大キャンペーンを張ったばかりであったからだ。

大朝はここに『害毒論』に矛盾しないストーリーを考える。すなわち単に報道するだけでなく運動界の監視、指導役として健全な方向に向わせるべく計画、後援するというのである。「・・・本社はこの大会によって全国的に統一ある野球技の発達普及を計ると共に、技よりも寧ろ精神を主として進むべき学生野球の真価を発揮せしめんと企てたのである。」(『五十年の回顧』朝日新聞社1929年刊、【甲子園野球のアルケオロジー】より孫引き)ここに今に続く「凡てを正しく、模範的な」青少年達の大会がスタートするのである。

大正2年12月、ニューヨーク・ジャイアンツとシカゴ・ホワイトソックス合同の世界周遊野球団が来日する。当時のジャイアンツ監督はジョン・マグロー。1902(明治35)年途中から監督に就任して1932(昭和7)年病気で引退するまでにリーグ優勝11回、ワールドチャンピオン3回の名監督。来日時はリーグ3連覇を成し遂げたばかりの全盛時代であった。当時の日本でも人気は高く、『紐育巨人軍』、『マグロー将軍』という活字がしばしば新聞に載っている。

この両チームはオフシーズンの間にまだ大リーグを見たことのない全米各地の中都市を転戦して費用を集め、合同で世界一周に旅立っていた。訪問先は日本、中国、オーストラリア、エジプト、フランス、イギリス。真っ先に訪問したのが日本であった。

12月6日のこの両チームの対戦が日本における初めての大リーグチーム同士の対戦であった。結果は9−4でホワイトソックスの勝利。翌7日には第一試合でこの両チームの連合軍と慶応が対戦している。慶応の投手は当時日本一といわれ、この年の9月に来日したワシントン大学チームを被安打4、三振10で完封した菅瀬一馬。だが相手がオールスター級の大リーガーともなるとさすがに勝負にならず16−3で完敗している。第2試合でジャイアンツとホワイトソックスの試合が行われ12−9でホワイトソックスが連勝している。

大正3年、日本人初のプロ野球選手がアメリカで誕生している。明治44年の早稲田2度目の渡米メンバー、三神吾朗である。所属した球団は『オール・ネイションズ』。後に『カンザスシティ・モナクス』としてニグロ・リーグ設立に参加、「史上最高の投手」サチエル・ペイジや通算本塁打962本ともいわれるジョシュ・ギブソン、ジャッキー・ロビンソンなどを輩出する強力チームである【「ジャップ・ミカド」の謎】

中等学校野球、学生野球で活躍した選手たちもいずれ卒業する。卒業しても野球を続けようという選手も多くでてくる。そうして各地でクラブチームが結成されていった。また、野球人気が定着すると自社でチームを持ちたいという企業も出てくる。実業団野球の萌芽である。やがて東京では早稲田OBの稲門、慶応OBの三田などの学生OB倶楽部が人気の中心となっていった。

余談になるが、この頃から『紐育巨人軍』人気にあやかり自らのチームに『巨人軍』と名付けるチームが現れてくる。東京実業野球の雄、東京計器製作所が社員外の選手を入れて強化した時に『東京巨人軍』と名乗り、次いで蒲田に『ジャイアンツ』が生まれ、それと前後して(大正13年)6代目尾上菊五郎が自らのチームに『巨人軍』と名付けている。更に大正11年、日本運動協会は『横浜巨人軍』、『京都巨人軍』と対戦記録がある。またスタルヒンの少年時代には『旭川巨人軍』というチームがあった。

野球の本場、アメリカ・ニューヨークに本拠をおき現在の最強チームであること、目新しく雄大な『巨人』という言葉、この『紐育巨人軍』は当時野球に興味を持つ人たちにとって一番人気となった。『巨人』という言葉がいかにも大リーグらしく感じられ、一種の流行となって全国に『○○巨人軍』が生まれたようだ。

この頃になるとプロ野球への胎動が見られるようになる。中等学校野球優勝大会が始まってすぐの大正5年1月、早稲田が豊中グラウンドで冬季練習を行った。この時参加した選手は市岡忠男、浅沼誉夫、付き添ってきたOBの河野安通志など。ここで小林一三は初めてプロ野球の構想を彼等に打診している。「日本も野球が盛んになってきたのでプロを起こしてみたい。まず、大学卒業者を二年間だけ雇ってやってみて、見通しをつける。もしダメなときはすぐやめる。若い青年なら人生にやり直すこともやさしかろう」この時河野等はまだプロ野球の可能性に自信をもてなかった。

中等学校野球優勝大会は大正6年から阪神・鳴尾球場に会場を移しますます盛大になっていく。毎年のように米大学チームが来日し、また日本学生チームが渡米する。大正2年には明治大学が第一回極東オリンピックに出場し優勝する。大正3年秋にはその新興の明治を加えて早慶明の(早慶戦なしの変則)3大学リーグが始まり、大正6年には法政を加えた4大学リーグに発展。立教が加わり5大学リーグになるのは大正11年のことである。

大正7年には一高が大投手内村祐之を擁し、三高、早稲田に勝利、この年4大学リーグに優勝し最強を自負していた慶応から17三振を奪い完封すると、翌8年には慶応の大投手小野三千麿が一高内村と投げ合い1−0で勝利、更に4大学リーグ公式戦で10月15日法政、10月18日明治に対し連続ノーヒット・ノーランの偉業を成し遂げる。内村、小野両投手は共に大和球士氏の【真説・日本野球史】において大正時代の5大投手として名前を挙げられている。こうして野球人気はますます盛り上がっていく。

大正8年末、難攻不落の要塞“老鉄山”の異名をとる元一高の名選手、中野武二を中心とした「東京野球倶楽部」が野球場建設計画を発表する。『野球界』大正9年1月号に「東洋第一のグラウンド」という記事で「総坪数一万二千有余坪。・・・運動場の設備は米国本土の夫れと同等の広さとし、スタンド見物席は、ブルクリンの野球場とブリンストン大学蹴球場とを折衷したもので、二万九千四百九十一人を容れることが出来る。場合によれば四万人迄は収容できるそうである」と紹介されている。当時としては画期的な大球場である。ただこれがプロ野球チームの経営まで視野に入れたものかどうかはわからない。

その翌年、後に飛田忠順(穂洲)が「彼等以外にプロ野球の父と呼べる人物はいない」と評する河野安通志、押川清、それに橋戸信らによって日本初のプロ野球団『日本運動協会』が誕生する。河野は当時学生野球浄化を熱望する恩師、安部磯雄に対して「もうこうなってはプロ野球団をつくり、学生野球はプロとはっきり線をひく以外にはないでしょう」とその決意を伝えた。安部は大学野球の浄化のためにプロ野球団をつくるというのなら、と快く賛成したという。

『野球害毒論』に代表される野球批判は、結果としていわゆる甲子園野球、早稲田式精神野球、そうして日本初のプロ野球を生み出すことになったのである。


西暦 年号 野球史 社会史
1912 明治45
大正元
日活設立
1月、中華民国成立
4月、タイタニック号沈没
7.30明治天皇崩御、大正と改元
1913 大正2 2.1〜明治大、第一回極東オリンピックで優勝
5.1豊中グラウンド落成
5.27〜6.22スタンフォード大、来日
9.11〜10.5ワシントン大、来日
12.5〜12.9ジャイアンツ、ホワイトソックス
合同で来日
7.1宝塚唱歌隊(後の宝塚歌劇団)結成
カリフォルニアで排日移民法成立
1914 大正3 3.28〜6.17慶応、第2回訪米
6.17〜10.9明治大、初渡米
9.21〜10.22シアトル日本チーム来日
三神吾朗、米プロ球団オール・ネイションズ
でプレイ、日本人第一号プロ選手となる
早慶明の三大学リーグ始まる
4月大阪電気軌道(後の近鉄)開業
8.19北浜銀行支払停止(北浜銀行事件)
7〜8、第一次世界大戦始まる
8月パナマ運河開通
12月、東京駅完成
1915 大正4 8月、第一回全国中等学校野球優勝大会
9.21〜10.22シカゴ大、来日
北里研究所創立
1916 大正5 3月、阪神、鳴尾競馬場内に野球場を建設
3.25〜7.17早稲田、第3回渡米
シベリア鉄道完成
1917 大正6 この年から全国中等学校野球優勝大会
阪神鳴尾球場で開催
三大学に法政を加え四大学リーグ始まる
理化学研究所創立
浅草オペラ開始
3月、ロシア3月革命、ロマノフ王朝滅亡
8〜9米騒動起こる
11.7ロシア11月革命、ソビエト成立
1918 大正7 一高内村、慶応から奪三振17の完封勝利 「赤い鳥」創刊
1月、交通取締りの赤いオートバイ隊(赤バイ)
結成(後の白バイ隊)
11.11第一次世界大戦終結
1919 大正8 慶応小野三千麿、法政、明治に対し連続
ノーヒット・ノーラン
10.米大リーグ、ブラックソックス事件
東京野球倶楽部、野球場計画を発表
3.1朝鮮、三・一独立運動
4月、雑誌「改造」創刊
11月、裕仁皇太子、大阪行啓