天勝野球団


決戦!プロ対プロ

大正12年6月21日、遂に日本プロ野球史上初のプロ対プロの対戦が行われた。場所はソウル、竜山満鉄グラウンド。前年に遠征してきてそのスピーディーな試合運びでファンを魅了した芝浦協会(日本運動協会)軍と、突如満州に現れ、破竹の勢いでソウルに向う天勝野球団。京城日々新聞の主催で行われたこの対決はソウルの野球ファンの話題をさらい、スタンドは満員だったという。

協会軍と天勝軍。まさに好対照のチームであった。学生野球の浄化の為に立ち上がった河野と押川、興行団の遊びから脱却し、純粋な野球興行の可能性を模索する野呂辰之助。前者がチーム、球場一体の理念のもと『フランチャイズ型』プロ球団を目指せば、後者は興行団のノウハウを活かし『巡業型』プロ球団を目指す。片や河野、押川ら早稲田OBの指導が中心となれば、片や小野三千麿、鈴木関太郎の慶応OBが中心となる。無名選手を鍛え上げ、守備力と組織野球の協会軍、大学選手を中心に個人技で魅せる天勝軍。協会エース山本がサイドスローからの粘りのピッチングを身上とすれば、天勝エース青山は恵まれた体格を生かして剛速球を投げ込む。

この試合、山本は三者三振の立ち上がりで絶好調に見えたが、2回、二死から四球、二盗を決められ、三盗の時に捕手の悪送球で1点を許すと急に乱れ、連打でこの回一気に4点を奪われた。山本はこの回、肘を痛めたのであった。3回から清水がマウンドに上がり好投したが、長旅の疲れかエラーが続出し5回と7回に1点ずつ追加された。協会軍の反撃は4回、5回それぞれ1点。更に8回にも1点を加え6対4と追い上げた後、二死満塁、打者山本というこの試合最大の山場が訪れた。「山本責任バッターとして出で殺気満場に流る。山本1球目を打てば中堅に長飛して安打と思ひしに、中堅手見事に受け止め協軍再びチャンスを逸す」(試合を伝える『運動界』の記事より)

9回に清水の本塁打が出て一点差まで詰め寄るも、結局6対5で記念すべき第一戦は天勝軍の勝利となった。


第一回戦 大正12年6月21日 京城・竜山満鉄グラウンド
先攻 後攻
天勝軍 協会軍
中沢 尾崎 天勝軍
高宮 原山 協会軍
鈴木 1-5 山本
永岡 5-1 清水
朝井 大賀 天勝軍 34 14
田中 大井出 協会軍 30 10
青山
矢野 片岡
竹内 小玉


続く第二戦は三日後の6月24日、同グラウンド「スタンドのみで五千余の人出、加ふるに外野柵をグルリと取巻く群集万に近く」(京城日々新聞)という盛況、「滅多に顔を見せぬ一流紳士や名流も多く」総督府技師、鉄道部事務官、殖産銀行頭取、鮮銀課長なども観戦したという。

協会軍先発は山本、肘痛を心配した押川監督他の制止を退けて自らマウンドに立った。幸いにも肘痛はおさまったか、立ち上がりから好調で天勝軍を押さえ込んでいくが4回表、先頭の中沢に右翼線三塁打を打たれ、犠飛で一点を先行された。

協会軍らしさをみせたのはその裏、四球、犠打、敵失で迎えた一死三塁の好機。打席には主将の山本。スクイズか強打か。「バントする様な態に見せかけて二ボール後、引続いて二ストライクを観取され尚更に迫らず一ボールを加へ、最後の一球と云ふ時に見事遊撃越安打に出るが如き、あの場面あの自信は将に千金に価する」見事なバッティングで、満場の観客は「喝采鳴りも止まず」であったという。

6回裏には一死後大井出ヒット、山本右翼越えの三塁打で一点、更に前回の試合で本塁打を放った清水がスクイズを決めこの回計2点追加する。天勝軍も8回表一死後二塁打が出てチャンスを迎えるが、次打者の中前適時打かと思える当りを中堅手大賀が猛ダッシュして好捕、素早く二塁に送球して飛び出した走者を刺し併殺で無得点。9回も山本の力投で3者凡退、協会軍が雪辱を遂げた。


第二回戦 大正12年6月24日 京城・竜山満鉄グラウンド
先攻 後攻
天勝軍 協会軍
中沢 尾崎 天勝軍
高宮 大井出 協会軍 X
鈴木 山本
永岡 清水
朝井 片岡 天勝軍 27
田中 小玉 協会軍 24
青山
矢野 原山
竹内 大賀


かくして「満都のファンを熱狂せしめた」という天勝軍と協会軍の戦いは一勝一敗となり、決着の第三戦を望む声が主催の京城日々新聞社に寄せられたという。「満場のファン諸君は悉く両チームの決勝第三戦を熱望し」主催社もしきりに要望し、協会軍は応じる用意があったが、なんといっても天勝軍は奇術団の日程が優先する。「天勝軍の次の日取都合付かず両チームの特聘邂逅戦は終りを告げた」のであった。

この後、天勝軍は釜山へ向い「全釜山」チームと対戦、10−3で勝利し、3ヶ月にわたる満州・朝鮮遠征を30戦28勝2敗で終えた。一方の協会軍は満州へ向い、大連満州倶楽部に2勝1敗1分、大連実業に連敗、全長春にも敗れ、遠征中の成績は6勝6敗1分と前年の成績を下回ってしまった。遠征前には有力選手の一人が押川に「今度は全勝ですね」といったが押川は「きっと去年程には行かないから見たまえ」と応じたという。選手の中に生じかけている慢心の芽を見抜いていたのである。遠征の帰途、選手たちは押川監督得意の精神訓話で戒められることになった。

大陸遠征を終えた協会軍は九州で転戦、門司鉄道管理局に勝ち、中島鉱業に2勝1敗、全熊本に勝ち、計4勝1敗。中島鉱業の投手はこの年に明治大学を中退したばかりの渡辺大陸。母校の『明治大学野球部史』が自ら“怪投手”と表現する剛速球と無制球の名物投手である。その後帰京した協会軍は横浜商友クラブ、横浜巨人軍、セントポール(立教OB)に快勝した。

ところでソウルでの対戦においては、当事者たちはあまり『日本初のプロ球団対決』という事を意識していなかったらしい。当時はプロかどうか明確でない倶楽部チームが多く、中でも日本のトップレベルとして周囲からプロとみなされていた大毎野球団の存在がその理由のひとつであろう。天勝軍と協会軍が対戦しようとしていた頃、その大毎をめぐって大議論が起きていた。それは極東競技選手権野球競技に「プロの大毎に参加資格があるか」というものである。

大正12年7月号の『野球界』において前大毎監督の木造竜蔵が「極東大会を機会に大毎野球団の立場を明らかにす」という一文を寄せている。野球団員といえども普段は新聞社の仕事をしていること、大阪毎日新聞社が従来主催、後援として行ってきた各種スポーツの奨励の一つであること、遠征の際は社の規定通りの出張旅費、日当のみで噂される野球手当てはもらっていないことなど、いわば『非プロ宣言』である。

これを受けて天勝対協会の第三戦、芝浦球場での試合を伝える記事には「日本に現在二つしかない職業野球団同士の、内地に於ける初顔合わせ」(『野球界』)「現在の日本に於て、数ある灰色の野球専門チームから裁然として鮮明の旗幟を樹立する唯二つの野球団」(『運動界』)とある。中央球界から公式に両チームが「二つしかない職業野球団」と認知されたのである。

「遠征後の協会軍が強さは萬人の等しく感嘆する処」「陣容の整備はオサオサ大毎に次ぐ粒揃ひ・・・天勝軍は正しく堂々たるチーム」「天勝と協会軍は正に好敵手である」雑誌『運動界』の記事も迫り来る天勝―協会の決戦に向けて盛り上がっていく。そしていよいよ大正12年8月30日、協会軍は天勝軍を芝浦球場に迎えた。ソウルでの決着をつける試合である。

この試合は相当の人気を集めて、ファンは両スタンドを埋めたという。先発は例によって協会軍山本、天勝軍青山。「其日の協軍山本は凄いインシュートに得意のカアブ会心を極めて、さしも豪者揃ろひの天勝も、何とも手の下しやうはなかった」(『運動界』)という素晴らしい出来で、6回まで被安打2。7回ヒットとエラーで一死一、三塁から挟殺プレーの間に一点を失ったが、天勝軍を5安打に押さえ込んだ。

一方の協会軍は「力の一本槍に出た」青山を攻め、2回、3安打と四球、敵失をからめて一気に4点を先取、7回にも安打で一塁に出た山本が、孫の安打で一挙に本塁を突く好走で1点追加、計5点を挙げ5−1で圧勝し、通算対戦成績は2勝1敗で協会軍の勝ち越しとなった。

第三回戦 大正12年8月30日 芝浦球場
先攻 後攻
協会軍 天勝軍
大井出 朝井 協会軍
原山 高宮 天勝軍
山本 鈴木
中沢
大賀 田中 協会軍 43
中沢 浜野 天勝軍 31
片岡 矢野
奥村 青山
小玉 大櫻


大毎野球団がプロであることを否定したとはいえ、関西では前年の大正11年に阪急電鉄が宝塚球場を完成させ、その総帥小林一三はプロ野球を興すべく、早稲田の安部磯雄にコーチの人選を依頼していたという。翌年に完成する阪神電鉄の巨大球場はこの時すでに野球人の話題に上っていたであろう。盛況の芝浦球場で、河野や押川はプロ野球の将来を見たのだろうか。野呂辰之助はこれから行くアメリカ遠征後のプロ野球の可能性を見たのだろうか。

天勝軍対協会軍の決戦が行われていたとき、天勝一座は浅草にいた。アメリカ巡業の話が本決まりとなり「常盤座」で「サヨナラ公演」と銘打った公演が始まっていたのである。原山芳三郎の遺稿によると、試合から2日後の9月1日、協会は「当日は休養日で、選手の有志は浅草に天勝一座の奇術を見に行く処で、のんびり合宿で昼食の知らせを待って居った」そうだ。3度の対戦で親しみがあったのか、招待されたのだろうか。ところがやってきたのは「昼食の知らせではなく、かの大地震であった」

大正12年9月1日午前11時58分。関東大震災の発生である。