大毎野球団


関西野球事情

関西における野球の始まりは、東京に遅れること約20年、明治25年のことである。この年、京都において三高(現・京大)、同志社に相次いで野球チームが結成され、同時に対抗戦が開始された。東京におけるバンカラ官学とハイカラ私学の対抗がこの京都にも見られたのである。明治39年から一高対三高の定期戦が始まる。これは昭和23年まで行われ、18勝18敗1分と全くの互角であった。

大阪の野球の始まりは京都より遅く、全国中等学校野球大会が始まる頃から明星商、浪商、市岡などの中学が全国に知られるようになる。関西大学が初渡米したのは昭和5年、早慶をはじめとする東京の大学勢を総ナメにし黄金時代を築くのは昭和7,8年ごろである。

京都で野球が始まったのと同じ頃、兵庫県尋常中学校(姫路中学校=現・姫路西校)尋常師範学校(御影師範学校=現・神戸大学)に野球が伝わり、やがて神戸商業(明治26年)関西学院(明治27年)神戸中学校(=神戸一中、現・神戸高、明治29年)と神戸に野球が普及していくのである。大正9年には関西学院が黄金時代を迎え、来日したシカゴ大学チームと接戦を演じ、「早慶に並ぶ実力」と評される。

この神戸野球界の発達に大きな影響を与えたものは神戸在住の外国人チーム、K・C・C(神戸クリケットクラブ)の存在である。明治29年、尋常師範とK・C・Cによって関西での初の国際試合が行われた。横浜において既に明治9年に外国人チームが日本人チームと試合をしているのと比べ神戸での野球の普及は遅いが、これは横浜にアメリカ系居留民が多かったのに比べ、神戸にはヨーロッパ系の居留民が多く、当初はクリケットを主として活動していたため、野球を始めるのが横浜より遅かったためである。

しかし神戸での野球の普及は急速に進み、明治31年8月には神戸中、神戸商のOBを中心に神戸野球倶楽部が結成される。この神戸での野球熱の高まりと、東京における慶応、早稲田の台頭と共に、神戸から東京に出て活躍する選手が増えてくる。神戸倶楽部は、東京の大学で活躍した選手たちが卒業後帰省して参加するようになり、やがて日本一のクラブチームといわれるようになる。

明治41年、神戸倶楽部に対抗して、東京の早、慶、一高、学習院などのOBチーム、東京倶楽部が結成される。この年、日本に初めてアメリカのプロ野球チームが“来襲”する。リーチ・オール・アメリカンである。彼等は、当時一高から日本最強の名を奪っていた早稲田、慶応を一蹴すると14戦全勝で神戸に現れた。

リーチ・オール・アメリカンチームの試合記録
試合日 スコア 対戦チーム 試合日 スコア 対戦チーム
11.22 5-0 早稲田 11.28 3-0 早稲田
11.23 19-1 東京倶楽部 11.29 6-0 慶応
11.23 3-0 慶応 11.30 8-5 東京倶楽部
11.24 11-4 東京連合 12.1 13-2 早稲田
11.25 17-1 横浜外人 12.2 15-2 慶応
11.26 11-0 横浜連合 12.3 10-0 早稲田
11.27 6-0 慶応 12.3 3-0 東京連合


12月5日、神戸外人クラブK・C・Cがまず対戦したが、2−14で大敗する。翌6日、この強敵に立ち向かった神戸倶楽部の主なメンバーは次の通り。

投手・菅瀬一馬
神戸商卒。『長躯をひねって繰り出すアンダースローの熱球は日本人離れした偉力』であった。翌年の慶応入学後、明治42年から、大正2年度にかけての慶応の5年間不敗記録(27勝1分)時期、エースとして活躍。日本一の大投手と称される。のちの慶応第8代主将。なお、大正2年のニューヨーク・ジャイアンツ、シカゴ・ホワイトソックス連合軍と慶応との試合にも投げている。

一塁手・泉谷祐勝
神戸一中―早稲田卒。橋戸信、押川清、河野安通志らとともに早稲田の初渡米メンバー。快速で左打ちの強打者。バント守備の名手であったが自らもセフティ・バントを得意とした。早大部長、安部磯雄はこれにあまりいい顔をしなかったようだが、渡米し本場の野球チームがこの戦法を多用するのを見て再評価されたらしい。

遊撃手・佐々木勝麿
慶応。泉谷祐勝の弟。確実な捕球と素早いモーション、打者の構えによって守備位置を変えるなど、遊撃の名手として鳴らす。明治44年の慶応初渡米メンバーで、のち慶応第7代主将。

捕手・松田捨吉
関西学院―明治学院―早稲田。早大同期に飛田穂洲がいる。早稲田第二回渡米メンバー。後に関西学院野球部監督。その時の教え子に徳島商監督となる稲原幸雄がいる。この稲原の教え子が蔦文也、高校野球界に一大旋風を起こした池田高校野球部監督である。

三塁手・神吉英三(慶応)慶応初渡米メンバー。
左翼手・高浜徳一(慶応卒)第一回早慶戦メンバーとして泉谷らの早稲田と対戦。
右翼手・高浜茂(慶応)徳一の弟。慶応初渡米メンバー。のち第9代主将。

リーチ・オール・アメリカンの得点は2回の3ランホームランの他は神戸倶楽部の守備の乱れ、特に急造捕手の松田のエラーをついたもの、菅瀬投手、善戦、好投といえる。リーチ軍はこの後7日に神戸中、神戸商、などからなる神戸連合に8−0と快勝し、日本での成績を17戦全勝としてその日程を終えた。なお、この日、リーチ軍に神戸倶楽部とK・C・Cのメンバーを加えて紅白試合が行われている。

42年4月には東京・羽田野球場が開場し、その球場開きに神戸倶楽部と東京倶楽部が対戦する。東京倶楽部は早稲田初渡米メンバーの押川清、河野安通志、山脇正治、獅子内謹一郎、初の早慶戦で河野と投げ合った桜井弥一郎、同慶応メンバー吉川清、一高の名選手「老鉄山」中野武二など錚々たるメンバーであった。この3回戦は東京倶楽部の2勝1敗、同11月には神戸居留地遊園で対戦し同じく東京の2勝1敗。翌43年4月には東京・三田において神戸の2勝1敗と対戦成績は拮抗し人気を得た。

明治43年10月2日の対戦(神戸4−3東京)の後、東京倶楽部の主力は、早稲田OBチームである稲門倶楽部に主力を集中するようになり、明治44年に慶応OBチーム、三田倶楽部が発足、神戸倶楽部も大正6年には早稲田OBを中心としたスター倶楽部と慶応OBを中心としたダイヤモンド倶楽部に分かれ、定期対抗戦を行い人気を得た。この当時の両倶楽部の強さは『(兵庫)県下の実業団では、とても歯が立たなかったセミ・プロ的なクラブチーム』であったという(『神戸税関野球部六十四年の歩み』より)