使える、役立つ。「シンハラ語の話し方・別冊」
日本語=シンハラ語小辞典




「シンハラ語の話し方・別冊」
日本語=シンハラ語小辞典

定価 2,808円(本体2,600円) B6判280ページ 
編者・発行/かしゃぐら通信
 中味を確認→シンハラ語の話し方・別冊 日本語=シンハラ語辞典を開く


ここがポイント①
カタカナで読める、話せるシンハラ語
 辞書で引いたシンハラ語はカタカナとシンハラ文字でダブル表記。だから、誰にでも読める。シンハラ語にまだ慣れていなくとも、すばやくシンハラ単語が引けます。
ページを覗いて確かめる ポイント①

ここがポイント②
大きい見出し語で見やすさアップ
 シンハラ文字は小さくて、辞書というとどれも細かな文字で苦労させられる…でも、このかしゃぐら通信の「日本語=シンハラ語小辞典」なら大丈夫。日本語は10ポイント(14級見当)、シンハラ語は14ポイント(18級見当)。シンハラ文字は14ポイントで日本語の文字の10ポイントと同じ大きさになるので、こうすると紙面が見やすくなるのです。
ページを覗いて確かめる ポイント②

ここがポイント③
とっさの会話に役立つ 見出し語2445語
 見出し語には「あ!そう」とか、「どうする?」とか、見出し語らしくない言葉が並んでいます。辞書の見出し語としては不釣合いかも。しかし、こうしたフレーズこそが会話で頻繁に使われるのです。ページを覗いて確かめる ポイント③

ここがポイント④
ちょっと高度に事典として読む
シンハラ語は日本語とは別の言語。でも、日本語の文法でシンハラ語が話せるし、その逆また可能。この「小辞典」ではその関係についても随所に解説を入れました。この小辞典で日本語への新たな発見もされると思います。
ページを覗いて確かめる ポイント④

ここがポイント⑤
シンハラ語の最新研究成果が分かる
「シンハラ語はどういう言語か」

 シンハラ口語を日本語との接点で解析した研究は近年多く発表されるようになりました。辞書の資料として「シンハラ語はどういう言語か」を記載しました。シンハラ語研究の最前線をご紹介します。
ページを覗いて確かめる ポイント⑤


発刊の趣旨
自序 日本語=シンハラ語小辞典


シンハラ語の話し方・別冊 日本語=シンハラ語小辞典 Kindle版

関連 『かしゃぐら通信』の本を調べる