KhasyaReport かしゃぐら通信の本




 シンハラ語の話し方
    キンドル版(電子書籍)

シンハラ語の話し方 キンドル版
 2005年から読み継がれているシンハラ語会話のベスト・セラー。カタカナで読むシンハラ語なのに、このテキストで読むとカタカナ語にならない。シンハラ語が日本語感覚で学べるのに、なぜかシンハラ語っぽく話せてしまう「シンハラ語の話し方」。

 紙の本の旧作「シンハラ語の話し方」(2005年/南船北馬舎刊)がキンドルで復刊しました。初めてのシンハラ語は、まず、このシンプルなテキスト「シンハラ語の話し方」でシンハラ語に挑戦を。2013年2月2日発売。→キンドル版の詳細



 シンハラ語の話し方 音声audio版
    キンドル版(電子書籍)

シンハラ語の話し方・音声audio版
kindle

 キンドルの「シンハラ語の話し方」に音声audio版が加わりました。「シンハラ語の話し方」の第1章「シンハラ語で話そう」のシンハラ会話をすべて音声化。
 音声audio版「1章・シンハラ語で話そう」のシンハラ例文の下にあるオーディオ・ボタンをタップしましょう。これでシンハラ人によるシンハラ語の会話音声がスタート。簡単な会話文ですから、だれでも、すぐにシンハラ語が直感的に身に付きます。もちろん、「シンハラ語の話し方」の音声版ですから、シンハラ会話文の説明は日本語文法に即しています。だから、分かりやすいし、これなら、シンハラ文法の知識がなくてもシンハラ語が分かる、話せる。2016年10月26日発売。
 →シンハラ語の話し方・音声audio版の詳細



増補改訂

シンハラ語の話し方
日本語感覚でシンハラ語を話す  シンハラ語テキストの定番
シンハラ語の話し方 増補改訂


日本語の感覚でシンハラ語が覚えられるのは前作どおり。そして、増補改訂版は前作より深く、やさしく、そして、より日本語っぽくシンハラ語を解説。シンハラ語の無意志文表現もこれでマスターできます。シンハラ語が自然と理解できて、同時に話せるのも「シンハラ語の話し方」ならでは。

 「シンハラ語の話し方・増補改訂」の中身を見る

 ●「話し方・増補改訂」アマゾンで調べる、購入する

キンドル版 シンハラ語の話し方・増補改訂
 「増補改訂版」がキンドルでも読めるようになりました。
 詳しくは→amazon kindle キンドル版 シンハラ語の話し方・増補改訂 


第2刷 
日本語=シンハラ語小辞典
 シンハラ語の話し方・別冊
 
誰もが読めるシンハラ語辞典 シンハラ語辞書の決定版

日本語=シンハラ語小辞典

編集・発行/かしゃぐら通信
大きな文字で見やすい見出し語
訳語はカタカナとシンハラ文字で併記
だから、誰もが読める、話せる

  カタカナでシンハラ語が読める初心者向けのシンハラ語辞典「日本語=シンハラ語小辞典」の第2刷。「かしゃぐら通信」ならではのやさしい辞書です。シンハラ単語がカタカナ表記されていますから、誰にでもシンハラ語が読めます。もちろんシンハラ文字も併記されていますからぐうっとシンハラ語に近づけます。
 まずはこの辞書からシンハラ語に親しむのがシンハラ語上達の近道。シンハラ文字に慣れて、日本語の意味も読み取れるようになったらスリランカで発刊されているシンハラ語辞典にも取り組みましょう。

「小辞典」の中味を見る
「小辞典」をアマゾンで調べる、購入する

【kindle版なら「小辞典」を気軽に持ち歩けます】
シンハラ語の話し方・別冊 日本語=シンハラ語小辞典 Kindle版



新版・熱帯語の記憶 全3巻

熱帯語の記憶3 記憶をたどりゆく
1巻/エピソード
2巻/日本語とシンハラ語
3巻/記憶をたどりゆく

 新版『熱帯語の記憶』がkindleから発行されました。
 全編書き改められた『熱帯語の記憶』。「3.記憶をたどりゆく」が新たに加えられました。

 シンハラ語の中に北インドの神話や、東南アジアにまで広まっ た「不死の都・アマラプラ」の伝説が残されているのはなぜだろう? 
 古代のインド に生まれた物語が海を渡り、それが日本列島の誕生神話で繰り返される。
 それは、いったいどういうことだろう? 
 不思議なことは、ま だ、ある。インドラキーラという宇宙樹にまつわる言い伝え。
 そこに見えるものはなに?
 第3部「記憶をたどりゆく」が加わって「熱帯語の記 憶」というタイトルの意味が明らかになります。
熱帯語の記憶1
 エピソード編
熱帯語の記憶2
 日本語とシンハラ語
熱帯語の記憶3
 記憶をたどりゆく



 1巻、2巻は2000年に発行された紙の本(南船北馬舎刊)の『熱帯語の記憶、スリランカ』の新編集版です。
 今、シンハラ語研究は日米、そしてスリランカの言語学者の間で飛躍的な変化を遂げています。シンハラ語の言語としての位置を確かめる作業は当初から日本語を介して行われてきましたが、その作業が多岐にわたるようになり、また、深化しています。2016年の「熱帯語の記憶」はこうした変化の中で生まれました。
 3巻目の「記憶をたどりゆく」は紙の本の発刊当時、編集の段階でこれを切り離し、別の本に仕立てて『あじまさの島見ゆ』として発刊されたものを最初の構成に戻して新たに書き加えた新版です。シンハラ語を日本語に対照させるといったい何が見えてくるのか?
 3巻が揃うことでシンハラ語の全体像が新たに見渡せるようになりました。
 
アマゾンで調べる・購入する熱帯語の記憶1 エピソード
「熱帯語の記憶・キンドル版」の中身を見る 

南の島のカレーライス オリジナル版


スリランカの食と文化を訪ねるグルメ ・リポート
南の島のカレーライスオリジナル版
「南の島のカレーライス」はおもしろい。熱帯の島の食文化がよくわかる。おまけに島の歴史も人々のこともわかる。だから、「南の島のカレーライス」に写真やイラストを加えて直感的に触れられると、もっといいんだけど。
 そうした声から生れたのがこちらの「オリジナル版」。スリランカ料理の定番はもちろん、漱石が英国客船を降りてコロンボの街に訪ねたB・Iホテルも、中部山岳部の茶園も、スリランカ料理に欠かせないかつお節を作るためのモルディブのかつお漁も、写真とイラストを加えてここに登場します。
 
 椰子、唐辛子、鰹節。
 米、魚醤、野草。
 スパイスとハーブ。
 …そして、至極のセイロン茶。
 南の島スリランカの美味をお楽しみください。

「オリジナル版」の中身を見る 
アマゾンで「南の島のカレーライス オリジナル」を見る




キンドルで読む
南の島のカレーライス オリジナル

kindle版 南の島のカレーライス・オリジナル

 「南の島のカレーライス・オリジナル版」はキンドルでも読めます。
※「オリジナル版」キンドル本はカラーページが再現できる端末でご利用ください。kindleペーパーホワイトではカラー表示されませんのでご注意ください。Androidタブレットにインストールしたキンドルやkindle fireでカラーページが表示できます。
 
詳しくは→南の島のカレーライス・オリジナル詳細ページへ



オリジナル版の原点
南の島のカレーライス・
キンドル版 

南の島のカレーライス 1995復刻版へ

 旧刊『南の島のカレーライス』(1995年/南船北馬舎/絶版) もキンドルで読めます。
 これが2012年オリジナル版の原点。→キンドル版の詳細





Sinhala and Japanese / kindle e-books
A linguistic relation of colloquial syntax and parts of speech in the islands of Sri Lanka and Japan






Sinhala and Japanese
Part 1 /colloquial syntax
more about Part1

kindle book
Tomio Tanno / KhasyaReport




Sinhala and Japanese
Part2 /Parts of speech
more about part2

Kindle book
Tomio Tanno / KhasyaReport