エリザのセイロン史






 多民族の国、スリランカ。
この南の島を彩る民族の多様性は繁栄の妨げか。
スリランカはどのように生まれたか。
どのように歴史を歩んだか。
 1893年、ヌワラエリヤに暮らしたエリザというイギリス女性が読んだ小さな冊子がある。それは『セイロンの歴史 History of Ceylon』。
スリランカ(当時はセイロン)にやって来た英国協会の宣教師がこの冊子を綴っていた。百年前に彼女が読んだページを今再び、開いてみよう。



 1893年6月、スリランカのヌワラエリヤにエリザベス・ホワイトという女性が暮らしていました。はっきりとはしませんが、エリザはイングランド出身のようです。彼女は一冊の冊子を手にしていました。
 それは英国キリスト教伝道協会がコロンボで発行したHistory of Ceylon(セイロンの歴史)。115ページのコンパクトなハンドブック。ここにスリランカの歴史が丁寧にまとめられています。ナイトン、プライダム、ターナー、テンネント、ファーガソンという、当時の英国の、スリランカ研究の主だった面々が著わした本から歴史に関わる部分を集め、一つの冊子に集成したのがこの「セイロン(スリランカ)の歴史」です。 
                                     
  スリランカの歴史 
①神話「ラーマーヤナ」の時代
②ヤカーとナーガ、ウィジャヤの征服
③マハーワンサの時代  1 アバヤの時代
2ティッサ王~エラーラ王の時代
3 ドゥッタ・ガーミニの即位~スリ・サンガボの逝去
4 マハセンの即位~チョーラ王国の支配 
5 パラークラマバーフ王~ダルマ・パラークラマ・バーフ九世
④ジャフナのタミル王国
⑤大航海時代 1 ポルトガルの上陸
10 2 ポルトガル、コーッテ王国とシーターワカ
11 3 ポルトガルの策略、ドン・ジュアンという男
12 4 ポルトガルの全盛
13 5 ポルトガルからオランダへ
14 6 オランダの進出
15 7 シンハラ王国の衰退
16 8 オランダの支配
17 ⑥英国植民地の時代 1 英国、カンディ王国を陥落する
18 2 英国・カンディ国の戦闘、激しさを極める
19 3 スリー・ウィクラマ・ラージャ・シンハ王の行ったこと
20 カンディ王国、英国に屈する
21 英国の植民地支配・カンディ
22 2 英国の植民地支配 セイロンの開発
23 英国の植民地経営 セイロンの開発2