スリランカ料理トモカの評判





 1983年から1995年までの12年間、東京・四谷にスリランカ料理トモカという小さな料理店がありました。
『異人たちの夏』という大林宣彦監督の映画の冒頭で、主演男優二人が食事をするシーンにそのトモカが使われています。あのシーンで二人が食べていたのはスリランカ独特のクレープ・アーッパ。また、そのシーンで流れていた音楽がスリランカ民謡だったことを知る方は、恐らくいなかったでしょう。
 その民謡の選曲はトモカがしました。あれはいつもトモカの店に流れていた曲だったのです。エキゾチックな香りとアジアの歌声。薄明かりの下でのスパイシーな食卓。『異人たちの夏に出ていましたね』、店の常連がうれしそうに、でも何だかもったいなさそうに声を掛けてくれたのを思い出します。

 あのころはエスニックと言う流行語が幅を利かせていて、たまたまその流れに乗ってしまったトモカの様子を知らせる記事も様々な雑誌によって個性豊かな見地でさまざまに書かれました。トモカを雑誌に紹介する先鞭を切ったのは老舗の女性誌・アンアンでした。


スリランカ料理トモカ掲載記事

アンアン 
HANAKO
 
SPUR  
月刊ミンクス  
女性自身  
婦人公論 
 
ANY  
CAZ
  
OZ MAGAZINE


DANCYU  
サライ
EATS 1  
EATS 2  
EATS 3


B-PAL
b (ベェ)


TOKYO JOURNAL     
CITY LIFE NEWS


JTB MOOK   
ユートピア・ライフ    
あらかるとの本


ケイコとマナブ    
とらばーゆ    
はれ予想


ズームイン朝 全国ふるさとクッキング

トラヴェル・ヴォイス

週刊朝日    
週刊ポスト    
週刊読売 

読売新聞    

流通経済新聞    
日食・外食レストラン新聞    
夕刊フジ    
サンケイ・リビング 

東京いい店美味い店

不明記事