スリランカ料理トモカの食べ方  


あのころ、エスニック・ブームだった。フランスへ逃れたベトナム難民の人々がほそぼそとベトナムのファッションと料理とを広めようとしていた。そこには世界の大国の力で捻じ曲げられたアジアの姿や、地域の民族の小競り合いで災難をこうむった人々の叫びがあった。
 そのエスニックブームはすぐに日本へ飛び火して、渋谷の109でもベトナム料理が食えるようになった。だが、そこではエスニックがフランスで作った、時代の先端を突く攻撃性が消されていた。
 ベトナム料理は瞬く間に日本に広がった。タイやカンボジア、そしてスリランカ料理まで現れた。スリランカ料理トモカはそうした雨後の竹の子の一つだった。エスニックと肩書きがつけば誰もがその店に立ち寄る時代だった。  

スリランカ料理トモカの評判へ

トモカの開店当時、1983年のことだが、すでに2件のスリランカ料理店が東京にあった。大阪と神戸には1件のスリランカ料理店があった。トモカはそれらの店との競合を避けた。料理の内容を一転させたのだった。そのためにカレーという表現をメニューから消した。スリランカにカレーはないからだ。この店の主がスリランカの言語シンハラ語に取り付いたのは、このときが初めてだった。

スリランカ料理トモカの評判へ
カレーではないスリランカ「カレー」との出会いがこのとき、日本で初めて生まれた。それは今でも、たとえば検索で「ポル・サンボール」と引けばトモカの話をするブログがあるように、何がしか日本で根を持ったかもしれない。
 料理は人々が一人づつ持つ文化だ。大量生産される料理はマス・メディアの文化であって本物ではなく、実体がない。毎年、スリランカの田舎へ行って、家の土間で、昔から伝えられている料理をひとつづつ教えてもらいながら、トモカの店主はそう思っていた。料理は人々が一人づつ持っている文化だ、と。スローでシンプルな文化だ、と。

スリランカ料理トモカの評判


スリランカ料理トモカの評判へ
流行だった。トモカにも雑誌の取材がひっきりなしに訪れた。経営が変わっているというので外食専門誌の取材もあった。テレビが登場して、面白おかしくトモカの料理を扱った。映画のシーンにも使われた。果てはお笑いタレントを使ってお宅で取材をしたいというオファーが舞い込んだ。そうした乗りの何度目かのオファーがきたとき、トモカの店主は取材を断るようになった。カレーではないスリランカ「カレー」が、平成バブルの狂態の中でいつの間にか通じなくなってきていたのだ。トモカのお客さんがいつの間にか変わっていた。トーキョージャーナルが取材したころの雲に乗るトモカではなくなっていた。「トモカはこのままでいてほしい」と書いたトーキョージャーナルの記事は、トモカ自身の願いでもあった。だが、平成という時代はあまりに騒がしかった。
 店主がカレーライスの本を書いたのはそのころだった。
 常連のお客さんたちがその本を買ってくれた。
 そして、トモカは12年目に店を閉じた。

スリランカ料理トモカの評判へ

スリランカ料理トモカの評判

TVチャンピオン

 「トモカの料理に使われている辛味のもとは何?」という疑問に挑戦者が答えた。答えはコッチというスリランカの小さな唐辛子。取材が冬だったので、残念ながら東京四谷のトモカの熱帯ベランダで作る生のコッチはこの時にはなく、スタジオへ持って行ったのは冷凍のコッチ。まぎれなくトモカの自家栽培。

"> 異人たちとの夏

 撮影は日曜の夕方から行われた。主人公の二人がエスニック料理を食べるシーンは、赤坂にあるインド料理店か、四谷のスリランカ料理店かに絞られたけど、結局、四谷のトモカに決まった。大林監督のオーケーが出るまで、二人の主演者は延々延々とアーッパを食べつづけた。
 

スリランカ料理トモカの評判