TOMOCAのカレーライス





TOMOCA店内イラスト/Spur 1990.10
バティックと熱帯植物とヒッカドゥワの奥の骨董屋で
見つけたmade in occupied Japanの時計と。
TOMOCA(トモカ)のカレーはカレーじゃない。
いや、確かにカレーだ。
いったい、どっち!?
注文するとテーブルに料理の盛られた皿がいくつも並ぶ。
ええ。どれがカレー?
どれもカレーで、どれもカレーじゃありません。
だって、メニューにカレーって書いてありません。
 料理はいつもシンプルなスタイルで作られます。スリランカのかつお節、小さな玉ねぎ、深煎りや浅煎りのコリアンダー。クミン。沢山の唐辛子と少量の塩。そして、ごく薄いココナツ・ミルク。これらを土鉢に入れてやわらかな火で煮上げると…
 TOMOCAのスリランカ料理が生まれます。
これって、カレー?
それとも…

TOMOCAの料理
週刊朝日1993.12.10
自国自賛の味スリランカ


復刻
TOMOCAの料理

もう店はないの?

閉店したのは前世紀末です。

それでもたまに懐かしいと言ってメールが届いたりします。


だって、エスニックでしょう?
どこにでもある。

12年間、TOMOCAがこだわったのは
ポル・サンボールという一品。
これはいまだにどこにもありません。


ポル・サンボールはスローライフ、スローフードの塊。王様も、こじ●も、みんなが食べている、と言う歌があります。

わかった…ような。
いや、わからない。

…のときは、
こちらを覗いてみてください。



スリランカ料理店・トモカの食べ方

スリランカ料理店・トモカの評判



じっくりTOMOCAを
味合いたいときは、

トウキョウ・ジャーナルが残したトモカ評

 英文の雑誌だけど、日本で唯一、そして最初にスリランカ料理を「正しく」紹介したTokyo Journal。1992年、スリランカ料理トモカをこう紹介した。


 どこか、ふうがわりな…

 雑誌のエスニック料理特集では定番のこの店。
 何処か風変わりな?
 「店が狭くて営業時間がとても短い」と業界の日刊食料新聞でコラムに書かれたこともあります。
 それだけじゃない。
 風変りというのは…椰子のミルクと唐辛子とスリランカの鰹節が料理のエッセンスだということ。そこにスリランカのふたつのハーブ・カラピンチャとランぺを加えて素焼きの鉢で炊く。それだけ。それだけだった。

熱帯スリランカの田舎料理

 これは熱帯スリランカの田舎で作る料理そのもの。
 当たり前の調理法ですけど…。
 これが日本じゃ通じない。カレーっぽくないとか、なんとか。
 そりゃ、日本のカレーっぽくはありません。スリランカなのだから。
 ハーブもスパイスも本物です。アーユルウェーダなのだから。

 スリランカ料理のレシピ―を唯一、正当に伝えるクッキング本「家庭で作れるスリランカ料理」(香取薫著)の誕生もこの店での香取さんとカレーの出会いが発端。学生時代の香取さんもトモカの大ファンだったとか。
「グッド・モーニン’」のウィッキーさんやテレビマンユニオンの「謎学の旅」でブルー・サファイヤを追ってスリランカを訪ねたマリー・クリスチーヌさんも、ハヤマからトモカへ足を運んではトモカのポル・サンボールを気楽に食べにきていました。スリランカの辛みを「ダイナマイト!」と評した畑正憲さんもトモカの料理を食べました。『異人たちとの夏』の冒頭シーンをTOMOCAで撮影した時、主演のお二人の俳優さんも召し上がり、撮影の後は大林監督も食べました。
 かしゃぐら通信がここにご紹介するスリランカ料理トモカのアジアン・ティストはシンプルでスマート。おいしいアジア熱帯の島カレー、ご堪能ください。

南の島のカレーライスへ
南の島のカレーライス
キンドル版
トモカのカレーライスが四谷に誕生した裏には南の島スリランカでこんなことがありました。
南船北馬舎刊-1995-の復刻版>
スリランカ料理トモカのレシピ―33品一覧
スリランカでご飯を炊く


一度に四つの煮鉢を見守っています。
子猫プーサが大好きな彼女の手さばきは家の娘たちの中で一番の腕前。腕と一緒に足指も使っています。

 

あなたもスロークッキング。作れる!
スリランカ料理トモカのハールマッソー


ハールマッソー

小魚をスリランカ風の煮ものにすると、こんな具合。小魚にスパイスとゴラカをあわせて素焼きの鉢で炊き込みます。汁気の多い少ないは好みで。


スリランカのカレーを作るときの取って置きのコツ
カレーライスQ&A スリランカ料理の疑問を解く


スローフードなスリランカ。特別な調理法は何もない。シンプルに作ります。でも、このシンプルが今の私たちには至ってムズカシイ。もう、素材から料理を作るってこと、とうの昔に忘れてしまったから。





スリランカ料理 道案内

スリランカ料理道案内
サンバルとゆずコショウ 
ダイコンめし 
カバーの話 
南の食事 
ガンパハういろう
スリランカ梅干
ジャック・マカラルの水煮缶詰


スリランカの野菜ガイド


やさい、やさい、やさい------●
スリランカの野菜一覧

スリランカ料理に使われる野菜ってどんなもの?



スリランカの普通のご飯 日本の食と基本は同じ------●
スリランカの家庭料理
 
偶然の出会いからスリランカ料理にのめり込んでいった日本人進化生態科学者が1986年に書いた本。2014年、仙台で復刊されて評判を呼んでいる。こういう本物が地方にはあるのです。


スロー・フードのスリランカ------●
アロマ ウンド アペティ(香りと食)

スリランカのスローフードに魅せられたドイツ人が作ったスリランカ料理の本。
スリランカ料理に魅せられた自然人の生活と意見。

さらば、ねばねばジャポニカ米------●
スリランカのカレーはパラパラご飯で食べよう
スリランカのパラパラご飯をつくる
おいしい注文の仕方------●
ポル・サンボールには鰹節入ってるかい?
         
神様のくれたポル・サンボール
スリランカ料理の神髄はポル・サンボール。なぜ「神髄」なのかって、ページを開いてこの歌を聴けば一耳瞭然。

ロバート・ノックスのカレーノックスのセイロン島史

 欧州の列強が世界に君臨していた大航海時代のこと。英国の商人ロバート・ノックスはカンデイ王国に囚われカンディ市のはずれで身動きもままならぬ生活を余儀なくされていました。後に王国を逃れ、オランダの手を介して英国に戻り、カンディ国での暮らしを手記にしたら、これが大ヒット。そのノンフィクションンにカレーのことが記されています。

漱石グルメのコロンボ・カレー

 漱石はコロンボでカレーを食べた。 英国留学の船旅でのこと。東京本郷でカレーを食べたのは小説の中の「三四郎」だったけど、漱石自身は熱帯アジアの本場でカレーを食べていた!?
漱石とコロンボのB・I・ホテル




 

 漱石がスリランカのコロンボでカレーを食べたと最初に報じたのは雑誌サライのカレー特集。
 漱石が食べたコロンボ・カレーは一体どんなものだった?
  あの人の愛したライスカレー サライ 1993 No.19